2012年12月26日水曜日

Archbang 2012.12 をインストール、日本語化

東芝製ネットブックNB100にArchbang 2012.12をインストールしたのでメモ書き

スペック

NB100/HF
CPU: intel Atom N270 1.60GHz
RAM: 2GB
SSD: 64GB


LiveCD起動

Gpartedでパーティション切り
sda1 ext4 55.62GiB
sda2 swap 4GiB
に設定

右クリック ---> Install


Choose your language

    English

1 Set date and time

2 Disk(s) preperation
3 Install system
4 Configure system
5 Install bootloader
6 Quit

1から順番に設定していく

1 Set date and time
 UTC ---> Asia ---> Tokyo

2 Disk(s) preperation

Partitition by hand and choose the partitions to use
/dev/sda
cfdiskが起動する
sda1をBootable ---> Write ---> Quit
DONE

Select the partition to use as swap --->/dev/sda2

Select the partition for / ---> /dev/sda1 ---> ext4
Do you want to mount other static partitions at bootup ? ---> DONE

3 Install system

選択し、しばし待つ

4 Configure system

   Root-Password
   User-Name
   Config-system

  上から順番に設定していく

rootのパスワード、一般ユーザーを設定

  Config-system

  /etc/X11/xorg.conf.d/01-keyboard-layout.conf
  Option "XkbModel" "jp106"
  Option "XkbLayout" "jp"
  をsectionとEndSectionの間に追加

  /etc/vconsole.conf

      KEYMAP=jp106


  /etc/pacman.d/mirrorlist

  日本のサーバーを一番上に移動

5 Install bootloader

   GRUB ---> 空白でEnter ---> /dev/sda

6 Quit

   最初の画面に戻る

再起動


システムアップデート

$ sudo pacman -Syyu


日本語化
/etc/pacman.confに次を追加
[archlinuxfr]
Server= http://repo.archlinux.fr/$arch

$ sudo pacman -Syy
$ sudo pacman -S yaourt

ibus mozcを使う場合
$ sudo yaourt -S mozc otf-ipafont

~/.xinitrcを編集 次を追加
export GTK_IM_MODULE='ibus'
export QT_IM_MODULE='ibus'
export XMODIFIERS=@im='ibus'
ibus-daemon --xim -d &
exec dbus-launch openbox-session の上に入れるのが良いかも

$ ibus-setup
インプットメソッドにmozcを追加

uim anthy を使う場合
$ sudo yaourt -S uim anthy otf-ipafont
Edit PKGBUILD ? --->n
Edit otf.install ? --->n
Continue building otf-ipafont? --->Y
Continue installing otf-ipafont ? --->Y

uim X起動時に起動する
~/.xinitrc に以下を追加
#インプットメソッドを起動
export GTK_IM_MODULE='uim'
export QT_IM_MODULE='uim'
uim-xim &
export XMODIFIERS=@im='uim'
uim-toolbar-gtk &

$ uim-pref-gtk
Global setting
Specify default IM にチェックを入れる
Dafault input method Anthy (UTF^8)に変更
これで日本語入力ができる

locale
$ sudo vi /etc/locale.gen ja_JP.UTF-8 UTF-8をコメントアウト
$ sudo locale-gen
$ export LANG=ja_JP.UTF-8

$ sudo vi /etc/locale.conf

 LANG=ja_JP.UTF-8

$ sudo vi /etc/vconsole.conf
KEYMAP=jp106
FONT=otf-ipafont

解像度を変更する

$ sudo pacman -S lxrandr
$ lxrandr
ARandRで出来た

よく使うアプリをインストール

sudo yaourt -S gedit libreoffice libreoffice-ja firefox-i18n-ja transmission-gtk chromium thunderbird thunderbird-i18n-ja wxmaxima gimp inkscape veusz smplayer evince ttf-ms-fonts


とりあえず実用に耐える仕様にはなった


memo:

本家のArchlinuxはインストールに時間を要したがArchbangは結構あっさり
sudo などが初めから使えるので便利。openboxも使い方を覚えればなかなか使える。低スペックなネットブックには最適だ。
起動時のメモリ消費量は80MB程度。いままで入れていたLinuxmint13の半分以下。
IME(uim)が多少気持ち悪いので変更予定。

追記(2013/2/24)
時計がずれている場合電波時計とにらめっこしながら
# timedatectl set-time "2013-02-24 18:15:30"
とすると幸せになれるかも

0 件のコメント :

コメントを投稿