2013年8月18日日曜日

Linux での Youtube 再生時の文字化け対策

Linuxを使ってYoutubeをみると、日本語が文字化けして豆腐になります。





どうやら69-language-selector-ja-jp.confというファイルがないことが原因なようです。

エディタを使って、

https://github.com/wzssyqa/language-selector-im-config/blob/master/fontconfig/69-language-selector-ja-jp.conf

の中身をコピペ。名前は69-language-selector-ja-jp.confで保存

$ sudo cp 69-language-selector-ja-jp.conf /etc/fonts/conf.avail
$ sudo ln -s /etc/fonts/conf.avail/69-language-selector-ja-jp.conf /etc/fonts/conf.d/
一度ブラウザを閉じ、再び起動すると無事に文字化けが解消されます



Ubuntu 日本語 Remix, Lubuntu, Manjaro, ArchLinuxで動作を確認

参考
Linux 学習帳 manjaro linux その4 その他のトラブル

memo:
Archlinuxでttf-ms-fontsを入れるとまた文字化けしてしまった。消したら元に戻ったがなにがいけなかったのだろう?

2013年8月16日金曜日

Archlinux GUI2

各種細かな設定

tint2
$ tint2conf
Propeties... ---> Panel ---> Panel Display
Size 100%

Panel ---> Panel Settings
Window Manager Menu にチェック #これでタスクバー上で右クリックしてもメニューが出る。

Mouse
Mouse Wheel Scroll Up Action "next_task"
Mouse Wheel Scroll Down Action "prev_task"

Apply

Menu
$ sudo pacman -S gksu
$ obmenu
New item
Label : Logout
Action : Execute
Execute : oblogout

New item
Label : Menu update
Action : Execute
Execute : gksudo update-menus

保存

※面倒だがアプリをインストールするたびにMenu updateをするようにした。
openboxのメニューは色々と難しい。



Conky
$ cp /etc/conky/conky.conf ~/.conkyrc
$ gedit ~/.conkyrc

background yes
use_xft yes
xftfont ipagothic:size=9
xftalpha 1
update_interval 1.0
total_run_times 0
own_window yes
own_window_transparent yes
own_window_type desktop
own_window_hints undecorated,below,sticky,skip_taskbar,skip_pager
own_window_colour black
double_buffer yes
minimum_size 1 1
maximum_width 240
draw_shades no
draw_outline no
draw_borders no
draw_graph_borders no

#文字色設定
default_color white

default_shade_color 000000
default_outline_color d9d7d6

#conkyの位置。最後をrで右、lで左
alignment tl

gap_x 12
gap_y 12
no_buffers yes
uppercase no
cpu_avg_samples 2
override_utf9_locale no
color1 red
color2 gray

##############################################
# Output
##############################################
TEXT
CPU Usage:$color $cpu% ${cpubar 4}
RAM Usage:$color $mem/$memmax - $memperc%
Swap Usage:$color $swap/$swapmax - $swapperc%
File systems:
/ $color${fs_used /}/${fs_size /} ${fs_bar 6 /}

${font sans-serif:bold:size=9}SYSTEM ${hr 2}
${font sans-serif:normal:size=9}$sysname $kernel $alignr $machine
Host:$alignr$nodename
Uptime:$alignr$uptime
Battery:${battery_percent}% ${battery_bar}

${font sans-serif:bold:size=9}TOP PROCESSES ${hr 2}
${font sans-serif:normal:size=9}${top_mem name 1}${alignr}${top mem 1} %
${top_mem name 2}${alignr}${top mem 2} %
$font${top_mem name 3}${alignr}${top mem 3} %
$font${top_mem name 4}${alignr}${top mem 4} %

${offset 400}Super+x$alignr Tiling Keybinds

numlock
$ sudo pacman -S numlockx
$ gedit ~/.xinitrc
numlockx & 追加


壁紙
$ nitrogen
Preferences ---> Add 壁紙のあるフォルダを選択して"OK"
壁紙を選びApply


日本語入力
$ sudo pacman -S fcitx-mozc fcitx-configtool fcitx-gtk2 fcitx-gtk3
$ gedit ~/.xinitrc

最後に次の4行を追加
fcitx &
export GTK_IM_MODULE=fcitx
export QT_IM_MODULE=fcitx
export XMODIFIERS="@im=fcitx"

$ fcitx

タスクバーにキーボードのアイコンが出るので
右クリック ---> Configure ---> + ---> Only Show Current Languageのチェックを外す ---> 検索バーにmozcと打つとMozcが出てくるので選択してOK


日本語フォント(IPAフォント)
IPAフォントをダウンロードする。

$ sudo pacman -S p7zip wxgtk pcmanfm
ZIPを解凍する。

$ mkdir ~/.fonts
解凍したフォントをフォルダごと~/.fonts に配置
$ fc-cache -fv


ショートカットキー
$ sudo pacman -S obkey
$ obkey #好きに設定

pacman
色付きの出力結果にし、ついでにmultilibを有効にする
$ sudo gedit /etc/pacman.conf
[multilib]をコメントアウト
colorのコメントアウト

yaourt
$ cd /tmp
$ curl -O https://aur.archlinux.org/packages/pa/package-query/package-query.tar.gz
$ tar zxvf package-query.tar.gz
$ cd package-query
$ makepkg -si
$ cd ..
$ curl -O https://aur.archlinux.org/packages/ya/yaourt/yaourt.tar.gz
$ tar zxvf yaourt.tar.gz
$ cd yaourt
$ makepkg -si

$ export http_proxy='http://proxy.hostname.com:port'
$ export https_proxy='https://proxy.hostname.com:port'

App(使いそうなものを適当に)
$ sudo pacman -S gvfs polkit-gnome gedit leafpad libreoffice libreoffice-ja gnumeric
$ sudo pacman -S firefox firefox-i18n-ja chromium thunderbird thunderbird-i18n-ja transmission-gtk icedtea-web-java7
$ sudo pacman -S gimp inkscape evince poppler-data flashplugin alsa-utils gnome-alsamixer
$ sudo pacman -S octave r wxmaxima gnuplot tk geogebra r avogadro texmaker wget ca-certificates
$ sudo pacman -S gparted dosfstools ntfsprogs ntfs-3g p7zip wxgtk cups hplip virtualbox
$ sudo pacman -S brasero audacity easytag mp3gain handbrake winff asunder smplayer deadbeef
$ yaourt -S ttf-ms-fonts aur/veusz bkchem chromium-libpdf-stable clamtk
$ sudo systemctl enable cups.service

完成図

2013年8月14日水曜日

BKchemを使って化学構造式を描く

インストール
Arch Linux

$ yaourt -S bkchem pycairo inchi

Ubuntu 13.04 # Ubuntu でインストールされるバージョンは0.13.0のため日本語化されていない
$ sudo apt-get install bkchem

その他のLinux
http://bkchem.zirael.org/download_en.html
より bkchem-0.14.0-pre2.tar.gz をダウンロード
$ tar xzf bkchem-0.14.0-pre2.tar.gz
$ cd bkchem-0.14.0-pre2
$ sudo python setup.py install



初期設定
オプション ---> 環境設定 ---> フォント (Option ---> Standard ---> Font)
"Times New Roman"
を選択

オプション ---> 環境設定 ---> 用紙 (Option ---> Standard ---> Paper)
"エクスポートする時イメージを自動的に切り取る" (Auto crop image in SVG ?)
を選択

保存 ---> OK

これといって難しい操作はないので初めての人でも気軽につかえるでしょう


複雑な構造式を書きたい場合はChemSpiderを利用するのが便利です
http://www.chemspider.com/

適当な化合物名を検索し、目当ての化合物を選びます
Save をクリックしmolファイルをダウンロード
or
SMILESをコピー

ファイル ---> インポート ---> mol ---> ダウンロードしたmolファイルを選択
(File ---> Import ---> molfile ---> ダウンロードしたmolファイルを選択)
or
Chemistry ---> SMILES読み込み ---> ペースト
(Chemistry ---> Read SMILES ---> ペースト)

 左がmolファイルをインポートしたもの、右がSMILESです

molファイルをインポートした方では立体的な構造までちゃんとしていますがSMILESのほうは立体的な構造を考慮してくれません。ついでに形が変なことを多いです。「反転」の機能を使ってある程度まともな形に直せますが面倒です。
単純な構造式ではSMILESでもいいですが、複雑なものの場合molファイル使用をおすすめします。
※SMILESはChemSpiderに限らずWikipediaの各化合物の項目にも載っています。私の周りでのSMILESの知名度は皆無でしたが、PCで構造式を書こうと思ったら知っておいたほうが良いです。楽できます。

PDFで出力
ファイル ---> エクスポート ---> PDF (Acrobat 5.x 形式)

epsで出力
ファイル ---> エクスポート ---> Postscript (cairo)


molファイルはAvogadroでも使えるので3Dでどんな形をしているのかの確認もできます。

Archlinux GUI

rootでログイン
# pacman -S xorg-server xorg-xinit xorg-server-utils mesa
# lspci | grep VGA # video chipset 確認
# pacman -S xf86-video-ati # 自分の環境にあったものをインストール
# pacman -S ttf-hanazono
# pacman -S xorg-twm xorg-xclock xterm
$ startx
# reboot

DE(ここではopenboxを使用)
一般ユーザーでログイン
$ su
# pacman -S slim
# pacman -S openbox conky tint2
# systemctl enable slim.service
# exit
$ cp /etc/skel/.xinitrc ~
$ echo "exec openbox-session" >> ~/.xinitrc

$ su
# reboot

slimの画面が出るのでログイン


ログインすると下図のように真っ黒の画面が出るが、これで問題ない


右クリック ---> Terminal ---> Xterm

わざわざコマンドを打つのが面倒なのでchromiumインストールしてWEBページをコピペしていくことにする。
$ su
# pacman -S chromium
# exit
$ chromium

※ 最小化ウィンドウを戻すときは" Alt + Tab "

日本仕様にする
# vi /etc/X11/xorg.conf.d/01-keyboard-layout.conf 新規作成
Section "InputClass"
Identifier "keyboard-layout"
MatchIsKeyboard "yes"
Option "XkbModel" "jp106"
Option "XkbLayout" "jp"
EndSection

どういうわけかキーボードがUSレイアウトになっているので注意
': 'が打ちたいときは"Shift + ; "

# reboot

※VitualBoxに入れたArchlinuxで上の「日本仕様にする」方法を使ったらどういうわけかXが起動しなくなった。一度消し、再起動すると問題なく起動した。今度はgeditをつかって同じ物を作ったら再起動しても問題なかった。よくわからない現象だ。

2013/12/27 追記
現在このような症状にはならなかった。治った模様。

sudoを使えるようにする
$ su
# pacman -S sudo
# visudo
root ALL=(ALL) ALLの下に
hoge ALL=(ALL) ALL # ユーザー名
を追加
以下を最後に追加
Defaults env_keep += "http_proxy"
Defaults env_keep += "https_proxy"
Defaults env_keep += "ftp_proxy"


このままでは使いづらいことこの上ないのでいろいろと設定していく。
とりあえずエディタにgeditを入れておく
$ sudo pacman -S gedit


自分好みにカスタマイズ
$ mkdir -p ~/.config/openbox
$ cp /etc/xdg/openbox/{rc.xml,menu.xml,autostart,environment} ~/.config/openbox

$ sudo pacman -S obmenu obconf oblogout nitrogen arandr volumeicon archlinux-xdg-menu
$ gedit ~/.config/openbox/autostart
tint2 &
conky -q &
volumeicon &
nitrogen --restore
最後に追加


$ sudo gedit /etc/update-menus.conf
openboxをアンコメント

$ sudo update-menus
$ sudo gedit .config/openbox/menu.xml
内容を以下に書き換える。
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<openbox_menu>
<menu id="root-menu" label="OpenBox 3">
<menu execute="cat /var/cache/xdg-menu/openbox/menu.xml" id="xdg-menu" label="XDG Menu"/>
</menu>
</openbox_menu>

再起動

だいぶマシになってきた

続く

Archlinux インストール

何を血迷ったか自分好みにしたopenboxなArchを消してしまったので、再構築までの手順メモ

キーボードレイアウト変更
# loadkeys jp106

ネットにつながっていること確認
# ping -c 3 google.com

インターフェース名を確認(あとで使うのでメモっておく)
# ip link

パーティション設定
ここでは sda1を"/"に、sda2を"home"に、sda3をswapにした。sda1はbootableにする。
# cfdisk /dev/sda
# mkfs.ext4 /dev/sda1
# mkfs.ext4 /dev/sda2
# mkswap /dev/sda3
# swapon /dev/sda3
# mount /dev/sda1 /mnt
# mkdir /mnt/home
# mount /dev/sda2 /mnt/home

ミラー
日本のものを一番上に移動
# vi /etc/pacman.d/mirrorlist

# pacstrap -i /mnt base base-devel

fstab
# genfstab -U -p /mnt >> /mnt/etc/fstab

chroot
# arch-chroot /mnt
# loadkeys jp106
# vi /etc/vconsole.conf
KEYMAP=jp106

ホストネーム
# echo hoge > /etc/hostname

ネットワーク
# systemctl enable dhcpcd.service
# cd /etc/netctl
# cp examples/ethernet-dhcp my-network
# vi my-network # eth0をip link で確認した名前に変更
# netctl enable my-network

Time zone
# ln -s /usr/share/zoneinfo/Asia/Tokyo /etc/localtime
# hwclock --systohc --utc

root、一般ユーザー
# passwd
# useradd -m -g users -G wheel -s /bin/bash hoge # ユーザー名
# passwd hoge

Grub
# pacman -S grub-bios
# grub-install --recheck /dev/sda
# grub-mkconfig -o /boot/grub/grub.cfg

2013/12/27 追記
現在、grubにバグがあるらしい。grub-mkconfigする前に
$ vi /etc/default/grub
GRUB_DISABLE_SUBMENU=y
を追加。この後にgrub-mkconfigする。

参考
FS#38234 - [grub] grub-mkconfig -o fails with syntax error but produces correct file


# exit
# umount /mnt/home
# umount /mnt/
# reboot

続く